更年期障害と治療

更年期障害は、日々の生活に支障をきたすものなので、生活スタイルの改善も効果的なのですが、あまりに、症状が重い場合、日々の生活に影響を及ぼす場合などは、きちんと、治療をうけることが重要です。

普段の生活に気をつけていても、個人差はあれど、更年期の症状は重くなるもので、医師の診断を受けることで、然るべき治療をすることが重要なのです。

更年期障害の治療としては、「ホルモン補充療法」、「漢方」での治療法が一般的になっており、どちらも自己流の使い方ではなく、医師の指導を受けてから治療しましょう。

「ホルモン補充療法」については、更年期に伴い、不足しているホルモンを補充することで症状を改善するといった手法です。

女性の場合は、エストロゲンやプロゲステロンを飲み薬や貼り薬で補充するのが一般的です。きちんと処方される薬を飲むことで、更年期の症状を和らげることが出来ます。

また、漢方は前述のホルモン補充治療が出来ないひとに対して、漢方薬や向精神薬などによる治療を行うことです。身体にあわず、ホルモン補充治療が出来ない場合は、こういった別の薬などで代替することが一般的ですが、漢方薬も作用が強いもの、副作用が出やすいものもあるので、漢方医の指示に従い服用するようにしましょう。